歓びのある生活


持続可能な生活様式が実現し、個人が解放されたとしても、これはこれまでと同様、物質的な側面の充足にす ぎない。我々には、歓びに満ちた時間や創造性のある生活が必要だ。音楽、絵画、彫刻、文学、研究(本当の 意味での自然についての科学を深めていくもの)、、、。それらが何であれ、精神、思想の向上を目指して 人間性を深めていく場でなければならない。
現場では、手作りで、ギリシャの野外劇場を参照して、我々の小野外劇場を造った。70人ほどが集まって、 ピアノ演奏や合唱を楽しんだが、すばらしい音楽が緑の 空間に広がっていくのを聴くと、ホールで聞くのとは全く異なる様だ。今度は、南十字星やオリオン座の星空の 下で、演奏を聴きたいと思っている。

手 作りの音楽会

自然共生の立場で生活していると、自然も我々に場を提供してくれる。