(1)化石エネルギーを使わないで自然のエネルギーのみ集めて生活する。

 その土地の環境から得られる種々の自然のエネルギーを出来るだけ集め、それらを上手に用いる。 エネルギー問題を考える時、一時に膨大な量を得て分配することを考えがちであるが、家庭で具体的 に使用する温度は比較的低い。 人類の一年間に使用する全エネルギーは、地球に降り注ぐ太陽エネルギーの1/15,000といわれる。 化石エネルギ−のような長い 年月を経て蓄えられ温暖化をもたらす類のものではなく、この太陽エネルギーを与えられた条件下で 上手に集めて利用するのが、解決法であることは明かである。

 

    (1−1)料理用の燃料エネルギー
      (i)バイオガス
      (ii)太陽エネルギー収集による調理器具
        (a)ソーラーオーブン
           (b)ソーラークッカー
      (iii)育成した雑木による燃料
      (iv)料理の時の温度変化
      (v)調理器具の工夫
         (a)断熱槽とスカート
        (b)料理用クッキングレンジ

     (1−2)地 中熱利用による室内の空調
      (1−3)シャワー、皿洗い用の 温湯
      (1−4)風車発電
     (1ー5)その他直接利用できそうな太陽エ ネルギー
      (i)2次元反射面 の実験
       (ii)多孔質材による集熱
       (iii)天空放射の収集